ここに注目!

今回解説する「ウェルネスダイニング」は食事制限専門の宅配サービスです。生活習慣病(糖尿病、腎臓病、高血圧、肥満)の食事制限から、緩やかな制限や栄養バランス重視の食事など6つのコースがあります。
管理栄養士が無料で食生活の相談に応じたり、メニューの組合せをしてくれる専門性の高い宅配サービスです。

ウェルネスダイニングの概要まとめ

ウェルネスダイニングの宅配弁当は全メニューが減塩&低カロリーなヘルシーな食事です。肥満、糖尿病、高血圧、腎臓病の方だけでなく、栄養バランスや健康に気を付けている方まで幅広く対応するコースがあります。

◆お弁当は冷凍で「おかず」のみ
お弁当は「おかず」のみが冷凍状態で届きます。一つ一つに栄養成分やカロリーが表示されていますので、ご飯の量を調整すると1食あたりの総カロリーが分かるようになっています。

◆コースは6種類
・カロリー制限 気配り宅配食(ダイエット)
・塩分制限 気配り宅配食(高血圧)
・たんぱく&塩分調整 気配り宅配食(腎臓病)
・糖質制限 気配り宅配食(糖尿病)
・健康応援 気配り宅配食(健康)
・栄養バランス気配り宅配食(健康)

◆メニューについて
各コースに豊富なメニューが用意されています。
・和洋中バリエーション豊かなメニュー
・メニュー数は未公開のため不明
メニュー組合せは管理栄養士にお任せ

◆注文方法
・定期購入 ⇒ 定期お届け
・都度購入 ⇒ その都度お届け
※定期お届けで注文すると送料が半額になります。
・7食セット
・14食セット
・21食セット
3種類のセットから選びます。
・毎週1回
・2週間に1回
・3週間に1回
・毎月1回
配達ペースを選びます。

◆配達エリアと送料
・クロネコヤマトのクール宅急便
・配送エリアは全国対応(一部地域を除く)
・その都度お届けは送料700円(税別)
・定期お届け送料350円(税別)

ウェルネスダイニングの長所

ウェルネスダイニングの長所は4つあります。

・主菜1に副菜3の4品の献立が絶妙!満足度の高い配分の評判が凄い。
・メニューは管理栄養士にお任せ!栄養バランスを考慮した気配り。
・カロリー・塩分・糖質をカット!魔法の食器3点プレゼント
・副菜まで美味しい味付けは神!ワンランク上の美味しさ

主菜1に副菜3の4品の献立が絶妙
満足度の高い配分の評判が凄い!

各社の食事宅配は、カロリーや塩分など栄養面では大きな違いはありません。しかし「品数/献立/味付け/見栄え/ボリューム/満足度」という部分はまるで違います。最初に目に映るのは「おかずの入った器」です。ウェルネスダイニングのトレイ(器)は4つに分かれています。

他に比べて深めのトレイなので見た目よりも量が入っています。そして4つの割り当てが他と違います。主菜は1つですが、主菜が入る大きさが2つに副菜が入る大きさが2つです。つまり、どの献立もボリュームがあり満足度が高い配分になっています。

では他社のトレイ(器)と比較してみましょう。

食宅便は5品のトレイを採用しています。一番大きな主菜も小さめです。副菜4品も小さめのトレイです。品数が多い分一品一品の量が少なくなり満足感を感じない場合があります。

ナッシュは4品のトレイを採用しています。主菜の部分が半分を占めています。残りの半分を副菜3品が入っています。主菜のパンチ力が目立ちますが、副菜は印象が薄い感じがします。

このようにトレイの配分が料理の量を左右します。この配分が絶妙なのがウェルネスダイニングです。主菜もしっかり食べれて、主菜級の副菜1品もあります。そして副菜がとても美味しいと評判です。

メニューは管理栄養士にお任せ!
栄養バランスを考慮した気配り。

他の宅配サービスでは、注文する時にメニューを選びますが、ウェルネスダイニングは管理栄養士にお任せコースしかありません。最初は何が届くのか分からないので戸惑いもありました。ところが慣れてくると面倒な注文作業をしなくても毎日違うメニューが食べられるように組み合わせてくれるメリットを感じるようになりました。

何と言っても利用者のほとんどが食事制限が必要な方です。
栄養バランスを管理栄養士が見てくれるという安心感は嬉しい限りです。
そして、食生活に関する悩みなら電話で無料相談できるのも大きなメリットの一つです。

カロリー・塩分・糖質をカット!
魔法の食器3点プレゼント

食事宅配サービスの利用者でも1日3回すべて宅配サービスという方は少ないですよね。当然ですが奥さんが作った手料理を食べたり、自分で調理するわけです。そんな時に普段使っている食器を変えるだけでカロリー・塩分・糖質の摂り過ぎを防止できるのです。

実は、わたしも知らなかったのですが、突然食器が届きました。これは定期お届けコースで注文し数ヶ月継続するとプレゼントされる食器だったのです。使ってみると、その効果に驚くばかりです。

(1)カロリーを30%もカットするお茶碗
(2)塩分を大幅カットする醤油の付け過ぎ防止皿
(3)余分な脂をカットする脂切り皿

この3つの器で食事をするだけで、まったく違和感なくカロリー・塩分・糖質の摂り過ぎを防止します。実際に使ってみると手放せなくなるほど効果を実感出来ますよ。

副菜まで美味しい味付けは神!
ワンランク上の美味しさ

食事の宅配サービスを使い始めた頃、色々なサービスを試してみました。

その時は主菜にばかり目が行ってしまい副菜の味は気にもせずに食べていました。

ある時のこと、主菜は美味しいのに副菜が不味い弁当があることに気が付きました。最初は主菜が豪華に見えたので気にしてなかったのですが、長く宅配サービスを利用していると凄く気になるようになりました。

例えばですが「切干大根」や「ひじきの煮物」に美味しさを期待しますか?

私は全く期待せず「こんなものだろうと」食べていました。ところがウェルネスダイニングの「切干大根」や「ひじきの煮物」を食べた時に衝撃を受けました。なんだ!なんなんだ!この旨さ!・・・

と言っても、所詮「切干大根」や「ひじきの煮物」です。
そこまで旨いもんじゃない!と思ったら大間違いです。

食宅便や彩ダイニングの副菜も相当レベルが高いのですが、ウェルネスダイニングの副菜はそれを上回るほどの味付けです。近所の定食屋さんでは太刀打ちできません。それくらい美味しいので、副菜のレシピ担当者は只者じゃないと思っています。

ぜひ試してみてください。その凄さがお分かりいただけると思います。

以上がウェルネスダイニングの長所です。食事宅配サービス全体のレベルが上がっている中で、これだけの満足度がある食事を提供できるのは凄いと思います。では最後にまとめると以下のようになります。

  1. 栄養制限が必要な方が安心して食べられる
  2. 管理栄養士が栄養バランスを考えた献立
  3. 食事「おかず」は主菜1品+副菜3品の組合せ
  4. 冷凍だからレンジで暖めるだけで食べられる
  5. 塩分が少なくても「こだわりの味付け」で美味しい
  6. 食材や製造工程も国内工場で徹底管理

ウェルネスダイニングの短所

ウェルネスダイニングの短所は2つあります。

・届くまで注文した内容が分からない!
・美味しいメニューが在ってもリピートできない!

届くまで分からない!
どんなメニューが届くのか?

長所の部分で解説した「メニューの組合せは管理栄養士にお任せ」という部分ですが健康管理の面から見ると大きなメリットですが、反面「届くまで注文した内容が分からない」というデメリットがあります。

食物アレルギーや多少の好き嫌いは管理栄養士に伝えると調整してもらえます。しかし毎回どんなメニューが届くか分からいのは楽しみでもあり、不安でもあるわけです。魚料理より肉料理を多くしたい。嫌いな料理を避けたいというリクエストには対応してもらえません。

毎回の注文手続きが面倒な方には向いている仕組みです。味のレベルが相当高いのでハズレメニューは滅多にありません。それでも嫌いなメニューが続いた時などイラッとしてしまいます。

美味しいメニューが在っても
リピート注文はできない!

これも「メニューが選べない」という仕組みから出た短所の一つです。

ある時メチャメチャ美味しいメニューがありました。どうしても次も食べたくなり思わずウェルネスダイニングに電話しました。とても丁寧な対応をして頂いたのですが「仕組み上」メニューのリピートに対応できなという回答を頂きました。

とても残念に思います。お客のニーズを把握し早急に改善していただくようにお伝えしました。美味しい料理があれば、それを目当てに注文するのは当然の心理だと思うのですが、そこを対応しないのは駄目ですよね。

以上が実際に利用して気付いたウェルネスダイニングの短所です。満足度が高いだけに惜しいです。ぜひ改善して欲しいと願っています。

コースと価格

6つのコースから選べる

ウェルネスダイニングには6つコースが用意されています。全てのコースが塩分やカロリーを控えたヘルシーで健康的な食事ですが、それぞれのコースではより専門的な食事制限に適応した栄養管理がされています。

カロリー制限が必要な方に
低カロリーの宅配食

カロリー制限 気配り宅配食は、カロリー制限が必要な方向けのコースです。1食あたりの塩分は2.5g以下、カロリーは240kcal以下に調整されていますので、肥満やメタボ解消から美容ダイエットまで適応しています。

7食セットの価格 4,500円(1食643円)※税別
14食セットの価格 8,800円(1食629円)※税別
21食セットの価格 13,000円(1食620円)※税別

塩分制限が必要な方に
減塩&低カロリーの宅配食

塩分制限 気配り宅配食は、塩分制限が必要な方向けの食事宅配サービスです。1食あたりの塩分は2.0g以下、カロリーは300kcal以下に調整されていますので、血圧が高めの方から高血圧の食事療法まで適応しています。

7食セットの価格 4,500円(1食643円)※税別
14食セットの価格 8,800円(1食629円)※税別
21食セットの価格 13,000円(1食620円)※税別

糖質制限が必要な方に
糖質&減塩&低カロリーの宅配食

糖質制限 気配り宅配食は、糖質制限が必要な方向けの食事宅配サービスです。1食あたりの糖質は15g以下、塩分は2.0g以下、カロリーは240kcal以下に調整されていますので、糖尿病や血糖値が高い方の食事療法まで適応しています。

7食セットの価格 4,500円(1食643円)※税別
14食セットの価格 8,800円(1食629円)※税別
21食セットの価格 13,000円(1食620円)※税別

タンパク制限が必要な方に
タンパク&減塩&低カロリーの宅配食

たんぱく&塩分調整 気配り宅配食は、タンパク質と塩分制限が必要な方向けの食事宅配サービスです。1食あたりのタンパクは10g以下、塩分は2.0g以下、カリウムは500mg以下に調整されていますので、腎臓病や腎機能が低下している方まで適応しています。

7食セットの価格 4,800円(1食686円)※税別
14食セットの価格 9,400円(1食672円)※税別
21食セットの価格 13,900円(1食662円)※税別

食事制限が緩やかな方に
ヘルシーで健康的な宅配食

健康応援 気配り宅配食は、食事制限が緩やかな方向けの食事宅配サービスです。1食あたりの塩分は2.5g以下、カロリーは300kcal以下に調整されていますので、体型を保持したい方や少しだけカロリーオーバーを気にしている方に適応しています。

7食セットの価格 4,300円(1食615円)※税別
14食セットの価格 8,500円(1食608円)※税別
21食セットの価格 12,600円(1食600円)※税別

栄養の偏りが気になる方に
バランス栄養宅配食

栄養バランス気配り宅配食は、栄養バランスを気にしている方向けの食事宅配サービスです。1食あたりの塩分は2.5g以下、カロリーは300kcal以下に調整されている上に、1食あたりの10品目以上の食材を使用して栄養バランスを整えています。

7食セットの価格 4,600円(1食658円)※税別
14食セットの価格 9,100円(1食650円)※税別
21食セットの価格 13,500円(1食643円)※税別

購入方法

実際に注文してみました。

まずウェルネスダイニングの公式サイトにアクセスします。
ここから実際に商品を購入するまでの手順をご紹介します。

コースを選びます。

用意されているコースは以下の6コースです。

  1. カロリー制限気配り宅配食
  2. 塩分制限気配り宅配食
  3. 糖質制限気配り宅配食
  4. たんぱく&塩分調整気配り宅配食
  5. 健康応援気配り宅配食
  6. 栄養バランス気配り宅配食

それぞれのコースは、食事制限が必要な方に対応しています。ご自分の目的にあったコースを選びます。私は糖質と塩分の制限が必要なので『糖質制限気配り宅配食』を選びました。ウェルネスダイニングが他と違うところは、食生活のことを管理栄養士に無料で相談できるところです。どのコースを選ぶか迷った時でも親身に相談できるのは嬉しいサービスです。

注文方法を選びます。

注文方法は『都度お届け』と『定期お届け』の2つです。
初めて注文する時には『お試しコース』もあります。
その都度注文する時は『都度お届け』を選びます。
定期購入を希望する時は『定期お届け』を選びます。
価格はどちらも一緒ですが、送料が変わります。『お試し』は初回送料無料です。都度お届けは700円(税抜)がかかります。『定期お届け』は毎回送料が半額の350円(税抜)がかかります。

購入数を選びます。

各コースにより価格は違いますそれぞれのコースに7食セット・14食セット・21食セットの3つのパターンがあります。ウェルネスダイニングはメニューを選べない仕組みです。管理栄養士さんがメニューの組合せを選んでくれます。メニュー数は多いので何が届くのか楽しみです。
さらに配達ペースを選びます。
・毎週1回
・2週間に1回
・3週間に1回
・毎月1回
あとは支払方法を選んで手続き完了です。
わたしの場合は代引きを選びましたので、商品が届いた時に支払います。ネット上での手続きは完了です。

支払方法

ウェルネスダイニングの支払方法

ウェルネスダイニングで宅配食を購入した際の支払方法は3種類になります。

  1. 代金引換
  2. クレジットカード決済
  3. 郵便振替・コンビニエンスストア(後払い)
①代金引換
商品が届けられた時に現金での支払いになります。 代金引換の場合、代引き手数料 300円(税込324円)がかかります。
②クレジットカード決済
VISA、MASTER、UFJ、NICOS、DC、JCB、AMEX、Dinersが利用できます。引き落とし日は、各カード会社ごとに違います。
③郵便振替・コンビニにてお支払い
こちらは後払いになります。商品と一緒に郵便振替・コンビニ支払い用紙が同梱されていますので商品が到着したら約10日以内に郵便局またはコンビニエンスストアで支払います。手数料は無料です。

<取り扱っているコンビニエンスストア>
「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「サークルK」「ミニストップ」「スリーエフ」「ポプラ」「デイリーヤマザキ」「ココストア」「Seikomart(北海道・関東地区)」「SPAR(北海道)」

送料

ウェルネスダイニングは初回は送料無料!

【カロリー制限気配り宅配食】【塩分制限気配り宅配食】【たんぱく&塩分制限気配り宅配食】【糖質制限気配り宅配食】【健康応援気配り宅配食】【栄養バランス気配り宅配食】でのコースで初回購入の場合は送料無料になります。

2回目からは商品とは別に700円(税抜)の送料がかかりますが、定期購入の場合は送料は半額の350円(税抜)になります。ウェルネスダイニングは、いつでも変更や解約ができるので2回めからの購入は定期購入がお得です。

また、好きな時に注文するその都度購入での送料は700円(税抜)の送料がかかります。

配達エリア

配達エリア

宅配食を運んでくれる配送会社はヤマト運輸でクール冷凍便で届けられます。配達エリアは、一部の離島を除き全国に配達をしてくれます。

【北海道】

【東北地方:青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県】

【関東地方:栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県】

【中部地方:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県】

【関西地方:三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県】

【中国地方:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県】

【四国地方:徳島県、香川県、愛媛県、高知県】

【九州地方:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県】

【沖縄県】

また、宅配食が届けられるのにどの位の日にちがかかるのか気になります。ウェルネスダイニングのホームページでは「通常2日~5日後お届け」となっています。ちなみに私は沖縄本島に住んでいますが4日後に届きました。

商品到着

5日後に商品が届きました。

申込んでから5日後にヤマトのクール宅急便で商品が届きました。午前中の受け取りで代金引で申込みました。ウェルネスダイニングは、商品が届くまでメニューが分かりませんから開封するのが楽しみです。

5日後に商品が到着
期待しながら梱包を開封!

こんな感じで7食分が冷凍状態で入っています。一つ一つの商品パッケージにメニューや栄養成分が表示されています。商品が到着して初めてメニューの組合せが分かります。ちなみに今回届いた商品は以下の7食です。

焼肉弁当
鮭の粕漬け焼弁当
豚肉とチンゲン菜の塩ダレ炒め弁当
炭火焼チキン(醤油ソース)弁当
つくば鶏の香味野菜つくね弁当
海老としめじの玉子とじ弁当
赤魚の塩焼き弁当

文字が小さくて見えにくいのですが、1食に4品入っている献立の名前や使われている食材や調味料などが細かく表示されています。さらにカロリーや塩分相当などの栄養成分も表示されています。

他社の宅配サービスもほとんどが同じ形態で送られてきます。ただしお弁当の器のパッケージは各社様々です。1食1食袋に入っているもの、真空パックで密閉処理されているものなど!ウェルネスダイニングの場合は、トレイの上にビニールでフタをしたタイプでした。トレイの中は4つに分かれていますから、ビニールのフタがあるので「おかず」同士が混ざり合うことを防ぐ効果があり、とても扱いやすいと思いました。

調理方法

美味しく食べる調理方法に挑戦

梱包を開けるとお弁当の他に説明書が数枚入っています。その中に「暖めかたのポイント」という説明があり美味しく食べる方法が紹介されています。

2つの温め方を使い分ける
美味しい調理方法について

暖め方には2つの方法があります。他では見かけない方法です。
【1】低温解凍して暖める
【2】そのまま暖める
すぐに食べたい時は冷凍庫から出して電子レンジで暖めます。この時は600Wで約4分です。ちなみに食宅便は約3分、ナッシュは約6分でした。また低温解凍して暖める方法とは、食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍しておきます。この時の電子レンジは600Wで約2分です。

どちらの方法も試してみましたが大きな差は無いようです。

ご飯は付いていません。「おかず」のみで約240kcalほどです。
1食あたりの摂取カロリーは人によって違います。
私の場合は1食500kcal以内に制限されています。

ですから食べられる「ご飯」の量は260kcal以内となります。
分量にすると「ご飯」約150gです。

ご飯を炊いた時は、そのまま150gと計量すれば良いのですが、お茶碗一杯分の量なので毎回炊くわけには行きません。そこで冷凍保存しておくと便利なことに気が付きました。150gのご飯をラップで包み冷凍します。電子レンジで1分から2分暖めると炊き立てと同じように熱々のご飯が食べられます。

メニュー

メニューを食べた感想を紹介

ウェルネスダイニングのメニューの数や献立は公開されていません。公式サイトによると各コースによって100種類近くあり季節によって新製品が追加されているそうです。メニューの組合せは『管理栄養士にお任せ』なので、商品が到着するまで分かりません。ここでは実際に到着したメニューを食べた感想をご紹介します。

糖質制限【気配り】宅配食
メニューと食べた感想

糖質制限気配り宅配食を注文して最初に届いたメニューが以下の7食です。以下のメニューをクリックすると実際に食べた感想をご覧いただけます。

  1. 焼肉弁当
  2. 鮭の粕漬け焼き弁当
  3. 海老としめじの玉子とじ弁当
  4. つくば鶏の香味野菜つくね弁当
  5. 赤魚の塩焼き弁当
  6. 炭火焼チキン(醤油ソース)弁当
  7. 豚肉とチンゲン菜炒め弁当

たんぱく&塩分調整【気配り】宅配食
メニューと食べた感想

たんぱく&塩分調整を注文して最初に届いたメニューが以下の7食です。以下のメニューをクリックすると実際に食べた感想をご覧いただけます。

  1. あんこうの生姜炒め弁当
  2. メバルの彩り中華ソース弁当
  3. えびす南瓜コロッケ弁当
  4. サバの照焼き弁当
  5. 鶏団子チーズクリームソース
  6. あんかけ中華オムレツ弁当
  7. 豚肉と玉葱の味噌炒め弁当