食宅便のたんぱくケア(おかず7食)の中から『インド風チキンカレー』を食べてみました。主菜は『インド風チキンカレー』と『じゃが芋とコーンのチーズがけ』の2品。副菜は『人参しりしり』『ほうれん草と卵のソテー』『椎茸の胡麻醤油炒め』の3品です。ここでは実際に食べてみた感想をお伝えします。食宅便の口コミ情報を知りたい方には参考になると思います。

献立と栄養成分

たんぱく制限って食事制限の中で最も厳しい基準なのに、食宅便のたんぱくケア『インド風チキンカレー』は、そんな制限をまったく感じさせない献立です。いつものように主食2品、副菜3品で作られたメニューは以下の5つです。

  1. インド風チキンカレー
  2. じゃが芋とコーンのチーズがけ
  3. 人参しりしり
  4. ほうれん草と卵のソテー
  5. 椎茸の胡麻醤油炒め

こんなにメニューが豊富なのにタンパク質、カロリー、塩分、カリウム、リンが以下のように制限されています。腎臓病や人工透析している方は、食べる物に困るほど苦労しますが、これなら安心して食べられます。

  • エネルギー  209kcal
  • 蛋白質    11.5g
  • 脂質     11.7g
  • 炭水化物   14.3g
  • 食塩相当量  1.8g
  • カリウム   363mg
  • リン     150mg

栄養成分だけじゃく栄養バランスも凄いです。鶏肉、ほうれん草、じゃがいも(遺伝子組換え不分別)、にんじん、キャベツ、とうもろこし、乳等を主要原料とする食品、たまねぎ、はっ酵乳、食用風味油、トマトケチャップ、ダイストマト、スクランブルエッグ、まぐろフレーク油漬など数十種類の食材が使われています。では一品一品、味についてのレポートを紹介しましょう。

インド風チキンカレー


なんだこの柔らかさは?というほどジューシーな鶏肉にカレーソースが掛かっています。これ本当に塩分制限してるの?と思わせるほど味がしっかり。ご飯のおかずに最高です。美味しさは普通のお弁当と変わりません。

じゃが芋とコーンのチーズがけ


チーズソースが効いたジャガイモ料理。ホクホクのジャガイモにコーンが混じったチーズソースはマヨネーズ風味のような気がします。これりゃ不味い訳がありません。

人参しりしり


人参しりしりと言えば沖縄料理の定番。本場の沖縄に住んでいる僕が言うのもなんですが、地元の食堂の人参しりしりより美味しいぞ。ちょっと味が濃すぎるけど雰囲気でています。

ほうれん草と卵のソテー


ほうれん草と卵のソテーはバター風味。これを嫌いな人はいませんね。量もしっかりあるので満足度も高い。他のおかずとのバランスがいいですね。

椎茸の胡麻醤油炒め


椎茸の胡麻醤油炒めは、ダシが効いている佃煮風。ご飯がすすんでしまいます。少し薄味ですが、とても病院で食べるお弁当より美味しいのです。

まとめ

いやいやマジで食宅便の味付けはヤバイほど美味しい。たぶん病院食を食べた経験がある人なら、本当に食事制限をしているの?と疑うほど味付けがされています。毎日のように食宅便を食べていると、これが当たり前になってしまいます。ほんとうにビックリ。

今まで食宅便では、塩分制限食や低糖質食など食べた経験があるので、今回の「たんぱく制限」と比べる事ができるのですが、どれも普通のお弁当と同じくらい美味しくできています。それなのに脂っこい食事は一つもありません。またたんぱくケアの特徴は、他の宅配食と器が違う点です。この器(パッケージ)は見た目も美味しそうに見える不思議な器です。よく考えてるな~と思います。

食宅便のお申し込みは公式ページでお願いします。
※内容は変更されることがありますので、公式ページで最新情報をご確認ください。