鯖ならやっぱり塩焼!そこで晩御飯に選んだのが食宅便のたんぱくケア(おかず7食)の中から『鯖(サバ)の塩焼きと切り昆布煮』を食べました。主菜は『鯖(サバ)の塩焼き』と『野菜のそぼろあんかけ』の2品。副菜は『コーン玉葱炒め』『味噌だれこんにゃく』『薩摩芋甘煮』の3品です。

忘れていたおふくろの味を思い出す献立


今日は、大好きなサバの塩焼きが主菜のお弁当です。楽しみです。では献立メニューを紹介します。
右上・・・鯖(サバ)の塩焼き
左上・・・コーン玉葱炒め
左下・・・野菜のそぼろあんかけ
下段真ん中・・・薩摩芋甘煮
右下・・・味噌だれこんにゃく

【栄養成分】
・エネルギー  224kcal
・蛋白質    9.5g
・脂質     13.6g
・炭水化物   16.0g
・食塩相当量  1.5g
・カリウム   249mg
・リン     106mg

【使われている素材】
さば、こんにゃく、とうもろこし、さつまいも、にんじん、たまねぎ、水煮れんこん、しいたけうま煮、鶏ひき肉、細切昆布、油揚げ、いんげん、ごま、など

鯖(サバ)の塩焼きと切り昆布煮

salmonでは、楽しみにしていたサバの塩焼きを一番最初にいただきます。見るからに美味しそう。皮がごと食べました。塩加減もちょうどいいです。冷凍にありがちなパサパサ感もありません。下にある昆布煮は食卓便のおかずの定番!美味しいです。

この味噌ダレは極旨です!

konjacこれは美味しい!個人的に大好きな味です。少し味噌ダレが残ったので、そこにサバの塩焼きを一口分入れて食べたら、サバの味噌煮味になりました。この食べ方結構いけます。おすすめです!

玉ねぎの甘さがよく出ている「コーン玉葱炒め」

corn入っている野菜は、コーン、ニンジン、玉ねぎです。甘くておいしい。味付けはバター?でも原材料にはバターは記載がない・・・何だろう?甘くてコクがあります。箸で食べるのは大変なのでスプーンで食べるのがおすすめ。

出汁が効いてる野菜のそぼろあんかけ

入っている野菜は、椎茸、レンコン、ニンジン、インゲン、その上に鶏のひき肉のそぼろあんかけがかかっています。最初に椎茸を頂きました。原材料に「しいたけのうま煮」と記載されていますが、椎茸だけ別に煮てあるようです。これは本当にうま煮です。絶品です!レンコンとニンジンは薄味です。鶏肉のそぼろあんかけも薄味です。

薩摩芋甘煮

sweet pota甘い食べ物が好きな女性が喜びそうな味です。甘くておいしいです。甘い味付けのおかずが一品あるだけで満足感があります。

まとめ


魚は主人が苦手なので家では魚料理を食べる機会がほとんどありません。本当に久しぶりにサバの塩焼きを食べました。やっぱりサバは美味しかった。我が家のように、魚が苦手な人がいると食べる機会が減りますが、お弁当だと自分で好きなメニューを選んで食べれるので良いですね。1日3回を食卓便のお弁当だと家計費が大変ですが、1日1食を食卓便のお弁当にすれば、楽して自分の好きなおかずが食べれます。

また、これまで、食卓便のお魚料理をいくつか食べてきましたが、どれを食べても骨が一本もありませんでした。骨を取ってあるとは言っても1本位残っている事もあるのではないかと、心配なので舌で骨が無いか探しながら食べていましたが、本当に一本ありません。安心して食べれます。

※内容は変更されることがありますので、公式ページで最新情報をご確認ください。