アディポネクチンとは、1996年日本で発見され超善玉ホルモンとして世界中で注目されています。NHKのためしてガッテンをはじめ、多くのメディアで「アディポネクチン」の分泌量を増やすことで、肥満や高血圧・糖尿病を改善できると紹介されました。

「アディポ」とは、脂肪という意味です。「ネクチン」とは、ペタペタくっつくという意味です。この2つの言葉を組み合わせて『アディポネクチン』と呼ばれています。

誰でも持っているアディポネクチンというホルモンが正常に分泌されていると自己治癒力により傷ついた血管を修復し生活習慣病を改善すると言われています。塩分制限や糖質制限など食事制限をされている方は、並行してアディポネクチンを増やす方法をお試しください。

アディポネクチンの基礎知識

アディポネクチンとは?

最近では「NHKためしてガッテン」や「主治医が見つかる診療所」で紹介された「アディポネクチン」ですが、まだまだ知らない方が多いと思います。1996年、大阪大学医学部の松澤教授によって発見された体の脂肪(脂肪細胞)から分泌されるホルモンで、超善玉ホルモンとか奇跡のホルモンなどと呼ばれています。その理由の一つが、アディポネクチンの発見で、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症)やメタボリックシンドロームのの予防や改善ができる時代が来ると期待されているからです。

このホルモンは、インスリンの働きを助け血糖値を下げたり、血管を広げる作用により血圧を下げる効果もあります。また脂肪の代謝を活性化し、中性脂肪を減らしたり、傷んだ血管を直接修復して動脈硬化を防いでくれます。アディポネクチンの高い人が長生きをしていると考えられていて「長寿ホルモン」とも呼ばれています。

アディポネクチンの分泌量を増やすこと!それが生活習慣病の予防や改善、さらには長寿になる条件であることが分かっています。

アディポネクチンの働き

  1. プラークを防ぎ血管壁の傷を修復して動脈硬化を改善する。
  2. インスリンの働きを良くして血糖値を下げ糖尿病を改善する。
  3. 脂質の代謝を促して、中性脂肪を下げ善玉コレステロールを増やす。
  4. 血管を拡張して高血圧を改善する。
  5. 筋肉での脂質代謝を促し肥満やメタボを改善する。
  6. 肝臓での脂質代謝を促進し脂肪肝を改善する。
  7. 細胞の正常化により大腸がんや乳がんなどを予防する。
このような効果が期待できるアディポネクチンですが、特別なことではなく人間が本来備えている防御機能の一つとも言えます。アディポネクチンが分泌されることで、私たちを病気から守ってきたとも考えられます。つまり健康であるためには、アディポネクチンの分泌が欠かせません。

アディポネクチンが過剰な食欲を弱める働きが確認された

今年の8月、QLifeProの医療ニュースでアディポネクチンが剰な食欲を弱める働きがあると推定される。というニュースが発表されました。この研究は、自治医科大学の統合生理学部門の矢田俊彦教授と須山成朝助教、東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科の門脇孝教授と窪田直人博士らの研究グループによるもの。

空腹時や低血糖時にアディポネクチンを脳室内へ投与すると食べる量が減少したことから、肥満や摂食障害(過食症、拒食症)の新らしい治療法のヒントとなることが期待されるそうです。

アディポネクチンの平均値は?

アディポネクチンの分泌量が多い人は「健康」であることが解っていただけたと思いますが、自分は、多いのか?少ないのか?分かりませんよね。そこで、おすすめしたいのが「アディポネクチン検査」です。基本的にどの医療機関でも4,000円から5,000円(保険はきかない)で検査できます。

生活習慣病(糖尿病・高血圧・メタボ)が心配なら、一度はアディポネクチン検査を受けてみてはいかがでしょうか?ちなみに岡部クリニックの岡部正先生によるとアディポネクチンの平均値は以下のようになっています。

男性の平均値・・・8.3μg/ml
女性の平均値・・・12.5μg/ml

女性のアディポネクチンの量は男性の約1.5倍あります。日本人の平均寿命が、男性より女性が上回っているのは、アディポネクチンの値が高いからではないかと考えられています。

アディポネクチンを増やす3つの方法

通常のホルモンは、歳を重ねるごとに分泌量が減るものですが、アディポネクチンにおいては違います。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるので、太ると分泌量が減ることが解っています。

健康な方の脂肪細胞は、形もキレイでアディポネクチンを分泌していますが、食べ過ぎると脂肪細胞が膨れて、アディポネクチンの分泌量が減ります。それだけじゃく悪玉物質を分泌するようになるため、まずは肥満にならないよう適正体重を保つことが必要です。

  1. 運動している人ほどアディポネクチン値が高くなります

    岡部正先生のクリニックでは、運動をする人は、していない人に比べてアディポネクチン値が約二倍も高くなっているデータがあるそうです。運動量が少ない人は要注意。週2回以上は定期敵に運動を!

  2. アディポネクチンを増やす食べ物を食べる

    肥満学会で発表されているアディポネクチンを増やす成分は、大豆たんぱくに含まれる「ベータコングリニシン」また緑黄色野菜に豊富に含まれる食物繊維がアディポネクチンを増やすと言われています。

  3. アディポネクチンを増やす成分を摂取する

    太っていないのにアディポネクチンが低い人は、オメガ3脂肪酸、ノビレチン、βコングリシニンなどアディポネクチンの分泌を促進する成分を積極的に摂ることです。岡部先生がサプリメントで、これらの成分を効率よく摂取できるように開発したのが「【DSアディポ】」です。

アディポネクチンを増やすサプリ『DSアディポ』

アディポネクチン研究の第一人者である岡部正院長のドクターズサプリが「DSアディポ」です。10,000以上の科学論文の中から、アディポネクチンを増やす確かな3つの成分を選択し、セサミンを加えた高付加価値サプリメントです。(衛生管理や検品体制も医薬品レベル)

ドクターズサプリ『DSアディポ』は、アディポネクチンを増やすために有効な成分をアディポネクチン研究の第一人者岡部正院長が監修して開発されたサプリメントです。アディポネクチンを増やす確かな成分とは、ノビレチン・βコングリシニン・オメガ3脂肪酸の3つ!DSアディポは、3つの成分に加えてゴマの健康希少成分『セサミン』をいれることでアディポネクチンの分泌をサポートします。

アディポネクチンを増やすサプリ『SP-18』

日本で発見されたアディポネクチンを研究を重ねて、いち早く商品化したのが「SP-18BasicDX」です。アディポネクチンの分泌促進を促す7つの天然ライブラリーは特許取得済。主成分は100%植物由来の日本で研究し日本で製造した国産サプリなので安心して使用できます。

SP-18BasicDXの原材料は特許取得済の7つの成分

SP-18BasicDXの原材料は、アディポネクチン分泌を促進する7つの天然成分(特許取得済)で作られています。ビール酵母、米胚芽、黒ウコンを主原料として配合量の研究を重ねて誕生しました。