たんぱく制限が必要な腎臓病の食事宅配サービスを紹介します。食事宅配サービスには色々なメニューがありますが、腎臓病や人工透析など腎機能が低下している方は、タンパク制限で調理された低たんぱくメニューから選びます。タンパク質だけでなくカリウム・リン・塩分などを調整された献立ですから腎臓病の食事として最適です。

腎臓病の食事宅配サービスおすすめランキング

人工透析、腎臓病を治療中の方など腎機能が低下し食事でタンパク質制限が必要な方のために調理された食事(お弁当)をお届けするのが腎臓病の食事宅配サービスです。管理栄養士によってタンパク質・カリウム・リン・塩分などを調整された人気のメニューをランキングで紹介します。

腎臓病の食事宅配サービスを使えば、忙しくて調理出来ない方も簡単にタンパク質制限を実施できます。また血液検査の結果で腎機能が低下していると心配している方も、早めに食生活を改善することで腎臓病を予防することができます。ここではおすすめの食事宅配サービスの紹介だけでなく、腎臓病の食事に関する注意点や豆知識もご紹介しますので、自炊や外食する時の参考にしてください。

腎臓病の食事宅配ランキング1位【食宅便のたんぱくケア】たんぱくケア【食宅便】

  1. たんぱく質 13g
    カリウム 500mg
    リン 270mg以下
    メニュー 42種類
    価格:
    4,340円(税込)※7食セット
    単価:
    620円 ※1食あたり
    送料:
    390円
    感想:
    たんぱくケアの口コミ

    腎機能が低下している方向けのタンパク質制限で人気の食事宅配ランキング1位は、日清医療食品の『たんぱくケア』です。ご飯を150gに喫食した場合にタンパク質13g、塩分2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下になるように調整されています。

    管理人のレビュー

    たんぱくケアは、食宅便の中でも最もメニュー数が多いシリーズです。見た目や味付けは申し分ありませんし、42種類のメニューがあるので飽きずに食べられます。腎臓病や人工透析では食事療法が必須となりますが、タンパク質、カリウム、リン、塩分、カロリーまで栄養計算するのは家庭では困難です。安心して食事療法をしたい方にオススメです。

    ※内容は変更されることがありますので、公式ページで最新情報をご確認ください。商品詳細を見る



腎臓病の食事宅配ランキング2位【ウェルネスダイニングのたんぱく&塩分調整 気配り宅配食】たんぱく&塩分調整【気配り宅配食】

  1. たんぱく質 10g以下
    カリウム 500mg以下
    塩分 2.0g以下
    カロリー 300kcal以上
    価格:
    5,184円(税込)※7食セット
    単価:
    740円 ※1食あたり
    送料:
    756円
    感想:
    たんぱく&塩分調整 気配り宅配食の口コミ

    腎機能が低下している方向けのタンパク質制限で人気の食事宅配ランキング2位は、ウェルネスダイニングの『たんぱく&塩分調整 気配り宅配食』です。カロリー300kcal、塩分2.0g以下、たんぱく10g以下、カリウム500mg以下に栄養価を細かくコントロールした食事です。

    管理人のレビュー

    たんぱく制限の食事は細かい制限があり、その症状により、タンパク質・塩分・カリウム・リン・エネルギーの摂取量を制限しなければなりません。食事を作る時の計算は難しいものですが、ウェルネスダイニングは食事制限専門の通販ショップですから信頼できます。その分他より価格が高いのですが、体のことを考えると価格で選ぶよりも信頼性で選びたいと思いました。

    ※内容は変更されることがありますので、公式ページで最新情報をご確認ください。商品詳細を見る

たんぱく制限宅配食の価格を調査

たんぱく制限の宅配食を探している方へ!低タンパク・低カリウムで調理された人気の宅配弁当(冷凍)の価格を調査しました。一般のお弁当と比べるとタンパク制限食は価格も高く家庭の負担が大きくなります。しかし自炊するのは大変と食事宅配サービスを使う方も増えています。少しでも家計の負担を減らすためにも価格を比較して最適な食事をお選びください。

  1. 食宅便のたんぱくケア     【7食】4,730円 税・送料込み
  2. たんぱく&塩分調整気配り宅配食【7食】5,562円 税・送料込み
  3. 健康うちごはんタンパク制限食 【7食】6,382円 税・送料込み

腎臓病の食事の注意点

  1. タンパク質の摂り過ぎに注意

    腎機能が低下している状態でタンパク質を摂り過ぎるとクレアチニンや尿素窒素を排出できなくなり腎臓への負担を大きくします。食事では摂り過ぎを防ぐためにタンパクを10g前後に制限します。

  2. 塩分の摂り過ぎに注意

    腎機能が低下するとナトリウムを排泄する能力が低下します。特に高血圧の方は影響が大きいので塩分の摂り過ぎを防ぐために2.0g以下に塩分制限を行います。

  3. カリウムの摂り過ぎに注意

    腎機能が低下すると血液中のカリウムが多くなる場合があります。その場合はカリウムの摂り過ぎを防ぐために500mg以下にカリウム制限をすることがあります。

このように腎臓病の食事の注意点は、腎臓の負担を減らす食事となります。腎臓は、体内の老廃物を排出したり必要な物質を再吸収する働きをしていますので、症状によっては、水分制限やエネルギー不足にならないような注意点も加わります。腎臓病の食事では、症状によりタンパク質・塩分・カリウム・リン・エネルギーの摂取量を制限しなければなりません。栄養計算が難しいので自炊するは大変ですから、食事宅配サービスを利用するのは有効な方法です。

自炊や外食で腎臓病の食事療法をする時の豆知識

腎臓病の食事は、タンパク制限が基本ですが、カリウム・リン・塩分などの摂り過ぎにも注意が必要です。また腎機能が低下している人の中には、水分制限も必要なケースもあります。

しかし毎回、宅配弁当を食べるのは経済的にも難しいものです。当然ながら自分で調理したり外食やコンビニでの食事も交えながら1日のタンパク質摂取量を調整するのですが、食べ物を上手に選ばないとタンパク質を摂り過ぎてしまいます。ここでは腎臓病の食事を上手にする豆知識を紹介したいと思います。

腎臓病の食事(タンパク制限)の豆知識

腎臓病におすすめタンパク制限の食事宅配

食宅便のたんぱくケア
タンパク : 13g
カリウム : 500mg
塩  分 : 2.0g
価  格 : 4,340円(税込)
単  価 :  620円
送  料 :  390円
提  供 : 食宅便のたんぱくケア

たんぱく&塩分調整 気配り宅配食
たんぱく : 10g以下
カリウム : 500mg以下
塩  分 : 2.0g以下
価  格 : 5,184円(税込)※7食セット
単  価 :  740円 ※1食あたり
送  料 :  756円
提  供 : たんぱく&塩分調整 気配り宅配食